「魏志倭人伝」への旅 ブログ版

邪馬台国研究の基本文献「魏志倭人伝」とその関連史書を探求する

Top Page › 倭史雜攷 › 郷公、亭侯、亭伯
2020-05-04 (Mon) 23:42

郷公、亭侯、亭伯

『魏志』文帝紀 黄初三年三月
【立齊公叡為平原王,帝弟鄢陵公彰等十一人皆為王。初制封王之庶子為郷公,嗣王之庶子為亭侯,公之庶子為亭伯。】

〈拙訳〉
齊公叡(=明帝)を立てて平原王と為し,帝の弟である(えん)陵公彰等十一人を皆王と為す。封王の庶子を郷公と為し,嗣王の庶子を亭侯と為し,公の庶子を亭伯と為すを初めて制す。

5/6追記
『魏志』明帝紀 青龍元年 夏五月 戊寅
丁酉,改封宗室女非諸王女皆為邑主

〈拙訳〉
丁酉,宗室の女(むすめ)にして諸王の女に非ざるを改封して邑主為す
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-05-06

Comment







管理者にだけ表示を許可