「魏志倭人伝」への旅 ブログ版

邪馬台国研究の基本文献「魏志倭人伝」とその関連史書を探求する

Top Page › 倭史雜攷 › 線刻人面土器
2020-05-08 (Fri) 11:06

線刻人面土器

2005/11/27 13:02    線刻人面土器 by tenchuukun
-----------------------------------------------
弥生末期の線刻人面土器については設楽先生の研究がありますね。
V期中葉から庄内併行の時期に
(1)吉備讃岐
(2)伊勢湾地域
(3)関東
に分布していて、以西は山口と熊本に1例づつしか在りません。
倭人伝で黥面文身として観察された風俗が何処のものであるか明瞭でしょう。
布留期に入って魏晋との交渉を通じて中国文化が急速に浸透し、蛮習として捨てられ消えていったものと思います。
-----------------------------------------------

※投稿者ご本人の許諾を得ていないので、ここに掲示していいものかどうか迷ったが、古代史ファンの理解促進に資するものとの私の考えは理解していただけるのではないかと思い、敢えて掲示する次第。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-05-08

No Subject * by 形名
そうか、線刻人面土器については伊勢湾~関東の類似性には着目して記事にも記載したが、自分では魏志倭人伝との関連付け視点が抜け落ちていましたね。九州、特に北部では該当土器は出ていませんか。
ただ、黒潮流路や、y染色ハプロの流れを考えた時、低緯度島嶼地域人ルーツを排除できない気はします。吉備はともかく、讃岐、伊勢湾は可能性がある。関東も伊勢湾からの2次移動ならば・・・設楽先生はどう考えているんでしょうね?

Re: 形名 様へ * by hyena_no_papa
形名さん、ス、スミマセン(・_・;) 考古学的な話を振られても返答のしようがありません。

>設楽先生はどう考えているんでしょうね?

設楽先生という方もどういう方なのか?全く存じ上げておりません(+_+)

悪しからず、、、


Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No Subject

そうか、線刻人面土器については伊勢湾~関東の類似性には着目して記事にも記載したが、自分では魏志倭人伝との関連付け視点が抜け落ちていましたね。九州、特に北部では該当土器は出ていませんか。
ただ、黒潮流路や、y染色ハプロの流れを考えた時、低緯度島嶼地域人ルーツを排除できない気はします。吉備はともかく、讃岐、伊勢湾は可能性がある。関東も伊勢湾からの2次移動ならば・・・設楽先生はどう考えているんでしょうね?
2020-05-08-15:43形名 [ 返信 * 編集 ]

hyenanopapa Re: 形名 様へ

形名さん、ス、スミマセン(・_・;) 考古学的な話を振られても返答のしようがありません。

>設楽先生はどう考えているんでしょうね?

設楽先生という方もどういう方なのか?全く存じ上げておりません(+_+)

悪しからず、、、

2020-05-08-16:53 hyena_no_papa [ 返信 * 編集 ]